白河市は東京直近ショッピング充実賃貸4万円の街

白河市は福島県の南端にある人口6万人ほどの小さな街ですが、福島の南部の中心的な役割を持っています。

福島県には東北新幹線の停車駅がいくつかありますが、白河市もそのひとつです。

 

東京までの到着時間は福島県内では最も短く、わずか1時間25分あまりです。

昔から白河小峰城のある城下町として、みちのくの街道の宿場としても発展してきました。

 

現在の市街地では新幹線駅と東北本線の白河駅の前で商業地が広がり、昔ながらのお店が残る一方で、イオンや白河モールなど大型のショッピングモールも出店しています。

白河市ではラーメンが名物で、市内の各地には白河ラーメンのお店が出ています。

 

東北自動車道の白河インターもすぐ近くにあり、車で移動する上でもかなり効率の良さがあります。

白河駅や新白河駅の周辺は、山林と田園に囲まれた地域であり、市街地からは歩いてすぐに自然いっぱいの光景になります。

 

だから白河市内では新白河駅の近くがおすすめの地域です。

家賃相場では1k物件では4万円台というのは普通に探せます。

 

1kで4万円は東北地方では無難な線で、しかも暮らしやすいということを考えると県南では白河駅前が一番です。

 

気をつけたいのは、白河市は人口が少ないこともあり、物件数がやや少ないことです。

それでも理想の賃貸物件が見つかれば、生活しやすさは保証されます。

 

低層物件が主流になっているので、高層からの眺望を望むとしたら、郡山市や福島市も検討したいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ