個室250以上の大規模シェアハウスも登場!

近頃よく耳にするシェアハウスは、一つ屋根の下に複数人で住むという形態でルームシェアとは見分けがつきにくいものの、その線引きは業者が介入しているか否かの違いです。

 

都心では250を越す個室を備えた大規模なシェアハウスが登場するなど、利用者も増えて認知度も高くなってきていますが、他人との共同生活である事には違いないので、良い面もあれば悪い面も持ち合わせているというのが特徴です。

 

個室があり、ある程度のプライバシーや1人の時間を保てるとは言っても、お風呂やトイレ、キッチン等のスペースを共有しなければならないので、強調性がなければシェアハウスでの生活が苦痛になってしまうに違いありません。

 

メリットはなんと言っても周辺の1人暮らし用のマンションなどに比べると家賃が安い事。

中には敷金や礼金などの初期費用が一切かからない所も少なくはないようですので、探してみると利便性の高いエリアでお得に生活するのも夢ではありません。

 

またそれ以外のメリットとしては、これまで知り合う機会が無かったような人たちと交流が図れる事。

中には外国人の方が住人の場合も珍しくはないので、1人暮らしでは決して得られないような体験が出来る事間違いありません。

 

デメリットは言うまでもなく、赤の他人との生活する事によって生じる衝突などのトラブルです。

ルールを守らず自分勝手な行動を取ったり、他の住人を思いやる行動を忘れてしまうと、間違いなくシェアハウス内で孤立してしまうでしょう。

 

シェアハウスで快適に暮らすには、家賃が相場よりも安く済むからという理由だけではなく、大人数で暮らす為の心構えが何より重要であるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ