宮城県に引っ越すなら、登米市がお勧め!

宮城県に引っ越しを考えている方に一押しの地域は、登米市です。

登米市の西部は、丘陵地帯が広がり、東北部が山間地帯で宮城米の主産地として、有名な地域です。

 

また、気候は、内陸性気候で比較的温暖な為、冬期の積雪量も少なく、l降雪期間も短いので、東北地方では、住みやすい気象条件となっています。

河川は、迫川、夏川が北南から南東にかけて貫流していて、北上川と旧北上川と合流していて、農業用水や、水道水の水源となっています。

 

また、圏域北西部には、水の里として、伊豆沼、内沼、長沼、平筒沼などの湿地帯では、白鳥やガンなどの野鳥を見る事が出来ます。

 

自然豊かな登米市の有名な特産品の1つとして、お米が有名です。「ササニシキ」や「ひとめぼれ」が多く作られている品種ですが、その特徴は、環境保全米として環境に負担をかけないように、農薬や科学肥料を減らして、消費者の健康に優しい、おいしいお米なのです。

 

登米地域は、全国最大規模の水田を栽培していますので、登米市の8割の水田で、環境保全米を作っています。その結果、第35回日本農業賞で大賞を受賞した実力を持っています。

登米市の食文化で有名なのは、和牛ブランドの登米産牛や、伊達の純粋赤豚を使用した、伊豆沼ハムが有名です。その他にも、油麩や日本酒の銘酒「澤乃泉」など、おいしい水から作られる色々な特産品がそろっています。

 

登米市には、国指定重要文化財の明治中期の素木造りの小学校、教育資料館を始め、春蘭亭、水沢県庁記念館など、多くの歴史的建造物が見られます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ